150917rondo01_title4

第1回ロンドクレアント企画(終了)

第1回ロンドクレアント企画

「中秋の名月の頃に生ビールを呑みながら宇宙人文学を語る会」が決まりました。

日時:2015年9月24日(木)19:00
場所:rondokreanto(京都市左京区北白川)
お話:中野不二男先生
会費:2,000円(ビール+おつまみ付)
参加お申し込み:informo@rondokreanto.com →こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

 

中野不二男先生のプロフィール

中野不二男(なかの ふじお)
1950年新潟市生まれ。工学博士(東京大学・工学系研究科)。京都大学・宇宙総合学研究ユニット特任教授。科学・技術ジャーナリスト、ノンフィクション作家。
現在:京都大学・宇宙総合学研究ユニット・特任教授。(財)リモートセンシング技術センター・参与。衛星データをもとに、考古学や歴史地理学、古典文学の情報と融合して古代の地形や人の移動ルートを推定する「宇宙人文学」を提唱し、研究活動を進めている。


略 歴:1978年渡豪、シドニーのエンジニアリング会社DORR-OLIVER社技術部に勤務のかたわら、連邦政府諸機関からの研究費助成のもとで先住民ア ボリジニーに関する調査研究。1982年に帰国後、執筆・研究活動に入る。宇宙航空研究開発機構(JAXA)・未踏技術研究センター主幹研究員(地球観測 研究センター併任)にて、主に衛星データを利用した研究開発の分野に入る。2015年3月、JAXAを退職。
著 作:『カウラの突撃ラッパ 零戦パイロットはなぜ死んだか』(文藝春秋社)で日本ノンフィクション賞、『レーザー・メス 神の指先』(新潮社)で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。ほ か『アボリジニーの国』『メモの技術』『大いなる飛翔』『カラダで地球を考える 「完全なる代謝」という発想』、「子どもを理科好きに育てる本」など多数。